あれも鍋これも鍋

クリスマスの休日、夜に友人と韓国料理屋で会う予定しか入っていなかった私は、永遠に終わらない断捨離の矛先をキッチン周りに向けた。シンク下から、蓋のない土鍋が出てきた。巣鴨の地蔵通りの縁日に、人の良さそうなおじさんの、「この鍋で調理すると遠赤外線効果でおいしくできるよ」という言葉にのせられて買った鍋だった。確かに使い勝手がよくて、カレーやら煮物やら作るのに重宝していたのだけれど、ある時、手を滑らせて蓋を割ってしまった。気に入っていた鍋だけに悔やまれたが、クレジットカードのポイントでゲットした蓋つきのテフロン加工の鍋が届いてからは、土鍋の出番はほとんどなくなった。それがあったことも忘れていた。

 目の前の土鍋を改めて見てみれば、大きさも手頃で形も私好みである。しかし、蓋がないことで不完全に思われ、つくづく蓋を割ってしまったことが悔やまれた。蓋があってこその鍋は、相方を失ってどこか寂しげにさえ見える。

 破れ鍋に綴じ蓋という言葉を思った。どんな鍋でもそれ相応の蓋があるというところから、どんな人にもそれ相応の伴侶がいるということのたとえである。また、その両者は似通っているという意味もある。

 いつの正月だったか、だいぶ年下の従妹が旦那さんを連れて私が帰省中に実家に遊びに来た。二人が帰ったあとで、母が感心したように言った。

「似た者同士が結婚するなんていうけど、あの子にはぴったりの相手だねえ。巡り合わせだねえ」

「そうだねえ、縁なんだろうねえ」と、私は剥いたみかんの実を口に放り込みながら相づちを打った。母は「それなのに」と言葉を続け、首を傾げた。 

「どうしてあんたは巡り会わないんだろうね? もしかしてあんたの運命の人、死んでるんじゃないの」

 運命の人死亡説が浮上し、目から鱗が落ちた瞬間である。それからしばらく経つが、未だ生存確認はできていない。この世にいないのなら仕方あるまい。以来、私は半ば未亡人のような心持ちで日々を過ごしている。

 鍋は割れちゃいないが、蓋の方が割れてなくなった我が家の土鍋。断捨離するには忍びなくて、そっとシンクの下に戻し、私は身支度をして家を出た。

 友人と韓国料理屋にて落ち合い、チャミソルで乾杯する。豊富なつきだしを味わいながら待っていると、次々と注文した料理が運ばれてきた。スンドゥブ鍋もクツクツと小気味のいい音を立てながら到着した。そこではたと気づいた。スンドゥブの鍋には蓋がない。もともと蓋がないんである。けれども、ちっとも寂しそうではなかった。それどころか、へたにさわると熱いぜ、やけどするぜと言わんばかりの佇まいに、食欲を刺激されてテンションが上がり、一句までできた。

綴じ蓋は あってもなくても いいじゃない
人間だもの。

 チャミソルが体に染みていくのを感じながら、私は友人との宴を楽しんだ。

240600

今年もブログを読んでいただいた皆様ありがとうございました。
どうぞ素敵な年をお迎えください 。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-oat.net/potsandpans/trackback/