なります、なりません。

「~になります」という、いわゆるバイト言葉は日本語として正しくないと指摘されて久しい。「~に成る、為る」という表現は、主に、それまでとは違った状態や形に変わることを意味する。それなのに、「こちらコーヒーになります」と目の前にコーヒーが出されたとして、それは既に厳然たるコーヒーそのものであってコーヒー以外の何ものにもなるわけではないか! というのが指摘の主旨である。

 それでも、この表現を今でもあちこちで耳にする。使い勝手がいいのだろうと思う。

 今から15年以上も前、東京に出てきたばかりのわたしは、小さいレトロな喫茶店でモーニングのバイトをしていた。そのとき誰に教わったわけでもないが、正しくはないと分かっていつつも、「こちらAセットになります」とか、「こちらコーヒーになります」というバイト言葉が口をついて出ていた。ひとつに、単に「コーヒーです」というより言葉のすわりがよい、という理由があった。そしてまた、20代と若かったので「コーヒーでございます」というのも仰々しい感じがして抵抗があった。24歳の若さにして「サザエでございま~す」と、ございますを使いこなしているサザエさんはさすがである。

 仰々しくなく、かつ丁寧に聞こえる気がするというただただ感覚的な理由で、わたしはそのバイト言葉を使っていたような気がする。いわば、いや、本当は向こうの横断歩道を渡らないといけないってのは分かってるんですよ、でも車も来ないし、こちらが近道なので渡っちゃいますね的なノリである。それは、正しいか正しくないか、という観点から言えば、正しくない、ということになるのだけれども。

 「こちらコーヒーになります」と言ったウェイトレスに、「へえ、これコーヒーじゃないの、これからコーヒーになるんだ?」といちゃもんをつけたおじさんを見かけたことがある。学生バイトであろう若いウェイトレスをオロオロさせているその様子はちょっとしたイジメのようで、面倒くさいおやじだなと思った。彼女だって”丁寧な感じ”を演出しようとしただけだ、とウェイトレス経験のあるわたしは彼女に肩入れした。 “正しさ”を振りかざしていちゃもんを付けるなんて、あのおやじはきっと仕事がうまくいっていないとか、家族からシカトされているとかいう理由でストレスを抱えているに違いない。まあ、人を相手にする仕事をしていれば往々にしてイヤな目には遭うものだ。頑張れ、ウェイトレスのおねえさん! 心でエールを送りながら、ふと、モーニングバイト時代の出来事が思い出されて笑いが込み上げた。

 その朝、モーニングの客の波が引いたころ、背広姿のサラリーマンのおじさんがやってきた。注文はアイスコーヒーだった。それまでの忙しさからくる緊張の糸が切れ、ふいに疲れが襲った。そのせいで脳みそがショートしてしまったのだと思う。アイスコーヒーをテーブルに置きながら、言ってしまったのだ。

「こちら、照り焼きバーガーになります」

 ええーっと、そのおじさんが目を丸くして仰天したマスオさんみたいな声を出したのが、忘れられない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントフィード

トラックバックURL: http://wild-oat.net/narimasu/trackback/