ふしぎな話

生まれてくる不思議

illust991昨日、知り合いの素敵なご婦人たちと飲んでいたときのこと。ひとりの方が不思議な話をしてくれた。

2人目のお子さんの妊娠が判明するまえに、上のお嬢さんが、てけてけてけと走りよってきて、「うちにね、赤ちゃんが来るんだよ。春になったら来るんだよ」と突然言ったのだそうだ。性別を聞くと「男の子!」と言い、実際、そのとおりに春には男の子が生まれたという話だった。

時々、子どもは無垢ゆえのすごさを発揮しておとなをびっくりさせる。先のお嬢さんに、弟の名前は決まっているのか聞いてみると、「ドラえもん!」と答えたという。そういうおとなをけむにまくシュールさもよい。その姉弟は今では立派なおとなだが、とても絆が強いそうだ。お姉ちゃんに呼ばれて弟は生まれてきたのかもしれないねなんて話をしながら、私たちは楽しい時間を過ごした。

人は約束のもとに生まれてくるという話を聞いたことがある。よく、母親を選んで生まれてくる、と言うけれど、私も自分でそんな感覚を味わったことがある。それは、過去の記憶、ひいては前世の記憶にまでさかのぼるという退行催眠なるものを体験したときのことだ。

lgi01a201312131400

freedesignfile.com

私は「生まれる前の私」で、高いところから下をのぞいていた。はるか下方には砂粒のような、星のようなものが幾多も散らばっていた。ヴィジョンは見えず、すべて感覚的なものなのだけれど、突然、私はその砂の中から「この人、絶対この人!」と母を選び、光となってシューッとその選んだ砂粒めがけて飛んで行くのだ。ほんの一瞬だったけれど、私は希望とやる気に満ち満ちていた。

次の瞬間、私は胎児の姿勢で丸まっていた。まるでこれから出発する宇宙船に閉じ込められているかのようだった。突然、怒濤のごとく後悔が襲ってきた。しまった、と思った。すっかり忘れていて、やる気を出してしまったけれど、「地球で生きるのって、大変だった」と私は思い出したのだ。しかし、あとの祭り。ロックオンされていてもう後戻りはできない・・・、というところで感覚は途切れた。

好奇心に駆られていろいろなものを試す割には、ヴィジョンが見えたり、感じたりというのをしにくかった私にとって、鮮明な体験だったということと、母を見つけたときの高揚感や、しまった!と我に返ったときの感覚がとてもリアルだったので、よく覚えている。

なんでやる気を出しちゃったのかな〜、後悔先に立たずとはこのことだよと思いながら40まできちゃった、ハハハ、と笑っちゃう一方で、私に中学時代のある記憶がよみがえる。

私の記憶が正しければ、それは庄司陽子の漫画『生徒諸君!』の中のワンシーンだったと思う。主人公のナッキーが言った。赤ちゃんは手を握りしめて生まれてくる。その中には幸せが入っているが、手を開いた瞬間に逃げてしまう。人は、その幸せをもう一度つかむために生きるのだ。

中坊だった私は「そうなんだ!」と膝を打っちゃうくらいに感動して、そのことを母に、私が絶対この人だと選んだ母に話して聞かせた。すると母は言った。「でもアンタ、生まれてきた時、手を開いてたよ」。

そう、私はグーではなく、思いっきり手をパーにして生まれてきたらしい。

私の幸せはいずこに?

 

 ↓2つのブログランキングに参加しています。ポチポチっと押して応援していただけたらうれしいです。

  読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 

ゾウのはなし

たまに思い出して、あれってなんだったんだろう、と不思議に思うことが誰にでもあると思うけれど、私にもそんな「ゾウのはなし」がある。

「センパイ、あの子のうちで、昔ゾウを飼っていたんです」と、声をひそめた高校の後輩が、彼女の幼なじみでもある同級生を指して言った。少し離れたところにいたその男の子はとても内気で、言葉を交わしたことはほとんどなかった。 

085014緑いっぱいの田舎とはいえ、まさか牛や馬じゃあるまいし、ゾウを一般家庭で飼えるはずもないと思い、そんなのウソでしょ、と最初は相手にしなかったのだが、後輩は本当なんだと言って引かない。ある日、その男の子のお父さんがトラックにのせてゾウを運んで来たというのだ。近所に住んでいた後輩はエサをやったこともあると言い張る。

子どもの記憶違いで、何か他の動物と勘違いしているんじゃないだろうかと思ったが、聞けば、水たまり色をしていて、鼻が長くてパオ〜ンと鳴くという。

・・・ゾウじゃん!と当時の私は思ってしまったのだった。 

残念なことに、飼われはじめて間もなく、ゾウは死んでしまったそうだ。どうして死んでしまったのかしら、と訊ねると、「気候があわなかったんじゃないですかねえ」と、もっともらしく後輩はうなずいた。そして彼女は、この話は絶対にあの男の子にはしないでくれと釘を刺した。あの子はゾウが死んでしまったことでひどく傷つき、以来、あんな風に殻に閉じこもってしまったのだというのだ。

それにしても、本当にゾウだとして、インドゾウなのか、それともアフリカゾウなのかと疑問がわいて、後輩に聞いてみた。 

「で、そのゾウって、何ゾウだったの?」

後輩は、なんて当たり前のことを聞くんだといった顔をして即答した。

「コゾウです」

あの謎をどうしてもっと追求しなかったんだろうか、とあとになって思うのに、なぜか、そのままにしてしまうということが、ひとにはあるらしい。今でも、本当にあの男の子はゾウを飼っていたのか、見破れなかっただけで後輩には虚言癖でもあって担がれたのか、謎は残ったままである。

 

↓2つのブログランキングに参加しています。ポチポチっと押して応援していただけたらうれしいです。
  読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

座敷わらしとおっさんの謎

  つい先日、その日が5歳上の兄の誕生日であることを思い出した。結構な歳になったなあ、とちょっと気が遠くなった。まあ、向こうも私に対して同じことを思っているだろうけれど。「誕生日おめでとう、体に気をつけてがんばって」とメールすると、「ありがとう。早いものだな、こっちは体もボロボロだけど、おたがい体に気をつけてがんばろう」と返信が来た。

 多分、私たちは仲の良い兄妹ではあるけれども、兄が結婚して以来、顔を合わせる機会はめっきりへった。ちぇっ、男兄弟というのは結婚するとつまらないものだ、と思ったものだ。少しばかり前のことになるが、そんな兄から夜中に突然着信があった。その日私は疲れがたまってくたくたで、珍しく次の日に備えてすでにベッドに入り、うとうとと眠りかけていた。よりによって、そんな時にケータイが鳴った。一瞬スルーしたい気持ちに駆られたが、こんな時間にまさか何かあったのかも知れないと思い直して電話に出ると、兄は一言、「今夜、泊めてくれないか」と暗い声で言った。

 重い体をひきずって、床にふとんを敷いて待っていると、兄がやってきた。兄は「悪いな」とだけ言うと、布団にもぐりこみ寝てしまった。ちぇっ、なんだよ、と思いつつ、でも、まあいろいろあるんだろうと何があったか追求することもなく私も再びベッドにもぐりこんだ。

 029591 そういえば、ずっと前にも夜中に兄に起こされたことがあった、と思い出した。まだ2人とも実家に住んでいた頃のことだ。その日、父が友人から石のお地蔵さんをもらってきた。特徴的な目鼻立ちの、こどものような顔をしたかわいらしいお地蔵さんだった。その夜のことだ。

 私の部屋のふすまをトントンと叩く音で起こされた。続けて、「でた!でた!」と言って兄がふとんをひきずって入って来た。そして「ここで寝させてくれ」とふとんを敷きだした。聞けば、寝ていた兄は、てけてけてけ、と何かが走りまわる音で目を覚ましたという。そして目を開けた瞬間、上から「おにいちゃん、遊ぼう」と子どもが覗き込んだというのだ。わっと驚いて、でも動けずにいると、次の瞬間、その子は部屋の隅っこに立っていたらしい。おかっぱ頭で、ちゃんちゃんこを着ていたという。その子どもがいつの間にか消え、体が動くようになった兄は怖くなって、私の部屋に避難してきたというのだった。そんなことを聞いたら私も怖くなって、ドキドキして眠れなくなった。だが当の本人は速攻で眠りについて、横でぐうすかといびきをたてているのだった。

 翌日、私は寝不足だったが、兄はすっきりした顔で起きて来て、「あの子ども、おかっぱ頭だったけど顔がお地蔵さんにそっくりだった」と前日我が家にやってきたお地蔵さんを見て言うのだった。家族中、その話で盛り上がり、結局、あれはお地蔵さんが座敷わらしになって現れたのじゃないか、ということになった。座敷わらしを見た人には幸運がやってくるというが、確かにそれ以来、兄の仕事は順調にいきだした。

 どうして座敷わらしは私のところに現れてくれなかったんだろう、とちょっとがっかりした。その正体がお地蔵さんとして、どうしてつるつる頭のお地蔵さんがおかっぱ頭で現れたのか、それも謎だった。

 兄が私の部屋に泊まったのは座敷わらしの出現以来だ。今は私も兄も東京に暮らしている。結婚した兄には子どもが2人いて、上の子はいつの間にか高校生になった。本当に月日の経つのは早い。翌朝起きだして、布団の上に正座で背中を丸めて座っている兄を見たら、月日の流れの重みをひしひしと感じた。そこにいるのは、立派な、おっさんのかたまりだった。私の兄であることに変わりはないが、月日が経つうちに兄は夫になり、父親にもなった。そして、おっさんにもなっていた。なんとも言えない気持ちで兄の横顔を見ていたら、耳からひょろひょろと毛が出ているのが目に入った。「ねえ、耳毛生えてるよ」と教えてやると、兄は眠そうに目をこすりながら、「なんでかねえ、生えちゃうんだよね」と言った。

 どうして、耳毛は生えるのだろう?
 おっさんのくしゃみの音がでかいのと同じく、まったくもって謎である。 

↓2つのブログランキングに参加しています。ポチポチっと押して応援していただけたらうれしいです。
  読んでいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

1 / 3123