3月2014

男と女はフィフティ・フィフティ

Books『ノンストップ』という番組に瀬戸内寂聴さんが出ていた。最近話題になっている芸能界のくだらないと言ったらくだらないゴシップネタに、どんなコメントをするのだろうと前日から楽しみにしていた。

以前、雨のあとにも書いたけれども、 NHKの人生相談の番組で寂聴さんが言い放った言葉が今も心に残っている。

相談者は、夫に自分の妹と浮気をされ、2人からの仕打ちに精神的に参っているという女性だった。普通に聞いていたら、なんて可哀想なんだ!ひどすぎる!と相談者に肩入れしてしまうこと間違いなしのような内容だったし、私もそう思ってテレビの前で憤慨していたのだけれども、それに対して女性アナウンサーが意見をもとめたところ、寂聴さんは言ってのけた。

“50 / 50 / Maybe” / 人流指示之形 Human Logistics Signage Forms / SML.20130303.7D.24958「男と女はね、フィフティ・フィフティなのよ」

びっくりした。女性アナウンサーもショックを受けたようで、「でも、先生っ!」とマイクを突き出して詰め寄るかのように前のめりになっていたのが記憶に残っている。こんなにひどい男なのに!? というのは、きっとその女性アナも、見ている私をはじめとする女性の多くも、瞬間的に同じ気持ちだったと思う。でも、寂聴さんは笑顔でそう言い切るのだった。どちらか一方だけが悪いなんてことはない。

当時、私はまだ20代前半で今以上に恋愛には未熟だったけれども、「この言葉を覚えておこう」と思った。これは、男と女だけにあてはまらず、人間関係全般において言えることだ。

そんなわけで、以来、寂聴さんのその言葉は、私の心の名言集の巻頭カラーを飾っている。

↓↓ランキングに参加しています。ポチ、ポチって押して応援していただけたらうれしいです。Thanks!

ブログランキング・にほんブログ村へ

日本酒が好きな女は・・・〜「串駒 本店」〜

大塚には、日本酒を飲ませるいい店が結構ある。

とっくりがこぞうみたいでかわいい♥

とっくりがこぞうみたいでかわいい♥

しっぽり日本酒を楽しもうと、今回「串駒 本店」に、同僚の女子2人と訪れた。

通された二階の座敷では、中央に置かれたいろりの向こうに名物店主が鎮座していた。以前この店に来たのはかなり前のことになるけれども、その時と印象は変わらない。仙人みたいという表現がぴったり。この店主のまとう空気に、なんだか不思議な異空間にいるような気になる。

日本酒は飲むけれどもそんなに詳しくないので、聞きかじりの知識とかイメージで選んでみる。もちろん、お店のお兄さんが詳しいので選んでもらうのもよい。

店の雰囲気もよく、酒はもちろん、お通しがとても美味だった。今まで食べたお通しの中でも上位に食い込む。

仕事の話やらガールズトークやらで盛り上がっていたところに、同僚の知り合いの大塚在住の青年が合流してきた。

これ、美味しかったな〜♥

これ、美味しかったな〜♥

彼は数日後にドイツへ旅立つことになっていた。 どうしてドイツなのかという問いに、昔テレビで見たドイツが素敵だったから、と彼は答えた。それでドイツ語を学び、仕事を辞めてドイツに行くことを決めたという。もの静かな彼が淡々とそれを語るのを聞いていたら、彼がドイツを選び、そこに住むことがとても自然なことのように思えた。ちょっとした不安を口につつも、憧れの地で始まる新生活に夢をふくらませているのが伝わってきた。彼と同じ歳ぐらいの頃、私もこんなふうだったかもと思ったら、甘酸っぱい気持ちになった。がんばれ!と応援したくなった。

みんなでいろんな日本酒の味を楽しむうちに、ゆるりとした濃い時間は過ぎていった。

料理も、一口食べては、「あ〜、うまい」と全員が声に出す。

右端のにごり酒ヒット!

右端のにごり酒ヒット!

新鮮でトロトロと口どけのよい馬刺。 さっぱりかつ味わいのあるだし汁に入った豚の角煮。 初めて食べてうまさに仰天した、たらこの天ぷら。 気に入ったあまり、もう一皿たのんだレバーパテ。

宴は店じまいになる時間まで盛り上がった。店を出るとき「盛り上がってるのに、ごめんなさいねえ」というおかみさんの声がとてもやさしい感じなのが印象的だった。

手の込んだ遊び心いっぱいの割引クーポン券をお土産にもらった。これを配りながら「日本酒が好きな女性にはね、傾向があるの」と、俺は知っているとばかりに得意気にトリビアを披露する店主。

いい味出してます

いい味出してます

ほう、どんな?

「晩婚なの」。

・・・へ、へえ〜。

銘酒処 串駒 http://www.kushikoma.com

↓↓ランキングに参加しています。ポチ、ポチって押して応援していただけたらうれしいです。Thanks!

ブログランキング・にほんブログ村へ
3 / 3123